らいのガレージ Since.2010~

自由気ままに更新していくブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

メーター周りのカスタム状況

DSC_0006_convert_20101123152330.jpg

現在こんな感じです。
・ELメーターパネル
・シフトタイミングランプ
・シフトインジゲーター
・100均の時計(防水ではない)

・100均の時計
防水ではないくせに雨の日とか乗ってても壊れません。クオリティー高いんですけどw車のエアロなどをくっつけるための強力な両面テープでくっつけてます。

・シフトインジゲーター
ヤフオクにも出てますがGIproのものです、タンデムシートの下に一応カプラー付いてるんだけど何に使うの?的なカプラーが一個あると思いますそれにカプラーオンするだけで使える初心者にはありがたい親切設計!私はサイドパネル*サイドカウル(アンダーカウル)ではなくシートの丁度下にある黒いパネルを外しただけで着けました。配線をタイラップなどでフレームにとめておきましょう。

・シフトタイミングランプ
PZレーシングのライトロニックとゆう汎用品です。汎用品なので車にもつけられたりしますwもう一種類オーストラリアの製品で同じようなのがあるのですが、そっちは19000円と高価(ライトロニックは8000円!)、その代わり光るタイミング6段階すべて自分で設定できます。・・・確かw
このPZレーシングのは5段階で光始めと全て点灯するポイントを設定して、その間を5等分して光るようになっています。
取り付けはアッパーカウルを外せて、配線のギボシ加工ができる人でしたらイージーだと思います。メインハーネス(私はメーターパネル側から)から + 、 - 、エンジンの回転数の3本の配線に割りこませればおk。説明書も日本語で分かりやすく書いてあります。(私はサービスマニュアルをもっていたので楽なメーターパネル側からとりました)
簡単そうに書きましたが、不安だったり自信ないのでしたら絶対一人でやらないで下さい。私は全く自信なかったのでバイクに詳しい友人に手伝ってもらいました。なので詳しい人と一緒にやるか、ショップにお願いした方がいいです。あと、ちゃんと絶縁処理はしましょう!

・ELメーターパネル
貼り付けるだけで簡単そうにみえますが、結構面倒だったりします。個体差なのかな?私はスピードメーターの針をバーナーで炙ったカッターで溶かして切断しなければつけられませんでした。あとELメーターの配線を出す場所がシビア。
*メーターの針は常に一定のテンションがかかっていて、下手に回したり、針を外してしまったりすると個人ではどうにもならないことになるので注意
デリケートな部分なので自信ない人はショップに頼んだ方がいいでしょう。


こんなかんじかな?w参考になれば幸いです。
当ブログのカスタムについての注意はプロフィールに書いてありますので、必ず読んでくださいね。
スポンサーサイト
別窓 | カスタム | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<車載HOW TO~ | らいのガレージ Since.2010~ | カスタム記事第一弾>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| らいのガレージ Since.2010~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。