らいのガレージ Since.2010~

自由気ままに更新していくブログ。

YZF-R1のファーストインプレッション!

いつか初心に戻る為でもあり、需要があるかは分からないがファーストインプレッション!

31日に初乗りしてきました、走行距離は300kmほど、その70%はワインディングロード。

トラクションコントロール(以下TCS)は介入度最高設定

走行モードはSTD Bモードも試しました(・∀・)




走り始めはツインのような、シングルのようなドドドドっと走り始め、回していくとマルチのフィーリングになります。

一番不思議な感覚だったのは、エンジンの存在がなくなるような感覚になること。

コーナリング中にパーシャルの状態の時とかすごくスムーズな感触になるとゆうか、、、表現が難しいw
でも、きっちりトラクションがかかってるのは分かるんですよね。

走りは250ccからのステップアップですが、初日からワインディングを楽しめる余裕ができるくらい乗りやすいです。

ポジションは割と楽です、身長175cmで足も長くない私ですがハンドルもそんな遠くないし、足つきもベッタリは当然無理ですが両足それなりに着いて怖くはないです。

あと、ビックリしたのはハングオンした時のかっちり感!
ハングオンして外側の足がステップから離れてもかっちりホールドできるんですよ!
SSなら当たり前なのかな?とにかくハングオンしてコーナリングするのが気持ちよくて楽しい!

大型は曲がらないよ!と言われてたんですが、かなりタイトなヘアピン以外ならNinjaより曲がる気がする。
ハンドリングは二次旋回の時にかなり曲がっていく印象、倒しこみも軽くて凄く自然に傾いていって、パーシャルからアクセルオンした時にグルンッっと加速しながらもまだまだ曲がってく感じ。


と、いいことばかり言ってきましたが気になる点もちらほら、、、

1つ目
STDモードで峠道を1~3速だけで走ったら燃費が11km/L 思ったより悪くてビックリ(´゜ω゜)

2つ目
フレームがアホみたいに熱い。素手で触れないくらい熱くなりました(´゜ω゜)

と、この2つくらい(・∀・)
どちらもわかってはいたのですが、想像より上をいっていたので気になる点としてあげました!

ちなみにTCS介入度最高でも今回は介入なしでした、体感したいんですがきっと分からないですよねw



たくさん乗ってR1のこともっと知りたいなと思いました。

今シーズンはガンガン乗ってR1と対話しながら走りたいとおもいます(*`ω´*)


スポンサーサイト
別窓 | YZF-R1 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<わらじカツを食すツーリング! | らいのガレージ Since.2010~ | 始動>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| らいのガレージ Since.2010~ |